<var id="5fltl"></var>
<cite id="5fltl"></cite>
<cite id="5fltl"></cite><cite id="5fltl"><video id="5fltl"></video></cite>
<var id="5fltl"><video id="5fltl"><menuitem id="5fltl"></menuitem></video></var>
<cite id="5fltl"></cite>
<var id="5fltl"></var><var id="5fltl"><video id="5fltl"><thead id="5fltl"></thead></video></var>
<cite id="5fltl"></cite>
<menuitem id="5fltl"><strike id="5fltl"></strike></menuitem>
<cite id="5fltl"></cite> <var id="5fltl"><strike id="5fltl"><listing id="5fltl"></listing></strike></var>
<cite id="5fltl"><span id="5fltl"></span></cite>
<var id="5fltl"></var>
本文への移動 カテゴリーメニューへの移動
  1. ホーム
  2. 企業の社會的責任
  3. 株主価値向上への取り組み
フォントサイズ

株主価値向上への取り組み

ステークホルダーとの関係を重視した経営

イメージ

 SBIグループは、株主?投資家の皆様に対して、積極的な情報開示を行うとともに、より良い関係の構築に努めることで、健全で透明性の高い経営を行っております。 上場各社の自己成長?自己増殖はもちろんのこと、未上場企業の株式公開によるグループ企業価値の顕在化のほか、M&Aや合弁會社の設立、あるいは戦略的提攜等を通じ、株主価値の拡大を図ります。

積極的な情報開示

 SBIグループでは、情報開示はインターネットの時代に相応しいものであるべきと考えています。この考えに則り、開示情報や経営情報および四半期ごとの決算情報などは、株主や投資家の皆様へ迅速かつ詳細にお伝えすべく、発表資料だけでなく発表模様の動畫をSBIホールディングスのホームページで公開しています。また、半期ごとに株主通信を株主の皆様へお屆けすることによって、SBIグループに対する理解を深めていただくように努めています。
最近増加している海外の投資家への情報開示については、英語版アニュアルレポートや英語版ホームページでの翻訳版資料に加え、説明會の翻訳版音聲配信などを行っております。

より良い関係の構築

インフォメーション?ミーティングの模様

 SBIグループは、情報開示だけでは株主の皆様とのより良い関係は構築できないと考えています。
業績の內容や今後の戦略をわかりやすく説明し、コミュニケーションを深めていくために、毎年6月に開催される株主総會や、個人投資家向け説明會を半年ごとに東京?名古屋?大阪にて開催しております。
また、Facebook、YoutubeやTwitterなどのソーシャルメディアを活用したリアルタイムな情報の配信を行うことで、より良い関係の構築に務めております。

関連情報

企業の社會的責任

爱爱网站,人妻中文字系列无码专区,tube公车强伦人妻,免费A片不打码在线观看
<var id="5fltl"></var>
<cite id="5fltl"></cite>
<cite id="5fltl"></cite><cite id="5fltl"><video id="5fltl"></video></cite>
<var id="5fltl"><video id="5fltl"><menuitem id="5fltl"></menuitem></video></var>
<cite id="5fltl"></cite>
<var id="5fltl"></var><var id="5fltl"><video id="5fltl"><thead id="5fltl"></thead></video></var>
<cite id="5fltl"></cite>
<menuitem id="5fltl"><strike id="5fltl"></strike></menuitem>
<cite id="5fltl"></cite> <var id="5fltl"><strike id="5fltl"><listing id="5fltl"></listing></strike></var>
<cite id="5fltl"><span id="5fltl"></span></cite>
<var id="5fltl"></var>