SBIグループ(以下「當社グループ」という。)は、「正しい倫理的価値観を持つ」「社會的責任を全うする」を経営理念に掲げ、社會の一構成要素としてさまざまなステークホルダー(利害関係者)の要請に応えつつ、社會の維持?発展に貢獻していくことを基本使命であると考えております。
 近年、マネー?ローンダリングやテロ資金供與(以下「マネロン?テロ資金供與」という。)の防止については、國際的な規制強化が進められておりますが、當社グループにおいても、かかる問題を経営上の最重要課題の一つと位置づけております。
 そこで當社は、以下のとおり當社グループ共通の基本方針を制定し、本基本方針に基づいた態勢の整備?維持?改善に努めてまいります。また、當社グループ各社にそれぞれの業種に応じて定める基本方針に基づいた態勢を整備させるとともに、定期的なモニタリングを通じ、継続的な態勢の改善に努めさせ、改善が必要な場合はその対応を促す等グループ全體としてマネロン?テロ資金供與の防止に取り組んでまいります。

1.マネロン?テロ資金供與防止態勢の整備

當社グループは、提供する商品?サービスがマネロン?テロ資金供與に利用されることを防止するため、態勢の整備と維持に努めます。

2.経営の関與

當社グループの経営陣は、マネロン?テロ資金供與対策を経営戦略面における重要な課題と位置づけ、この問題に主體的かつ積極的に取り組みます。

3.マネロン?テロ資金供與に係るリスクの特定、評価、低減

當社グループは、リスクベース?アプローチに基づき、提供する商品?サービスや、取引形態、取引に係る國?地域、顧客の屬性等のリスクを検証し、マネロン?テロ資金供與リスクを特定するとともに、特定されたリスクの當社グループへの影響度の評価を行い、その結果に基づき、リスクを低減させる適切な措置を講じます。

4.顧客デュー?デリジェンス

當社グループは、関係法令等に基づいた本人確認等の手続きを実施し、顧客受入可否の判定や適切な顧客管理を行うことで、制裁対象者や反社會的勢力を含む不適切な顧客との取引関係の排除に努めます。

5.疑わしい取引のモニタリングと屆出

當社グループは、疑わしい取引を検知するために適切な取引モニタリングを実施します。疑わしい取引を検知したときは、関係監督機関への屆出を行います。

6.書類?記録等の保存

當社グループは、マネロン?テロ資金供與対策に関する書類?記録等を関係法令等に基づき適切に保存します。

7.ITシステムの活用とデータ管理

當社グループは、マネロン?テロ資金供與対策の高度化や効率化の観點から、ITシステムやFintechの活用に取り組むとともに、適切なデータ管理に努めます。

8.継続的な改善

當社グループは、マネロン?テロ資金供與対策のための態勢について、定期的に検証および內部監査を行い、継続的な態勢の改善に努めます。また、將來にわたり當社グループがマネロン?テロ資金供與に利用されることのないよう、フォワード?ルッキングに管理態勢の強化を図ります。

9.役職員の研修

當社グループは、マネロン?テロ資金供與対策に関わる部署の役職員がその役割に応じた専門性?適合性等を有するよう、研修等を通じて知識?理解を深めることに努めます。

制定?改定履歴
2018年10月30日制定